Tofurkey Arrives in Japan

トフ
Tofurkey Arrives in Japan

この家族経営のトーファーキーはワンスアゲインやニューイングランドベーカリーと同じようなルーツを持っています。出発はヒッピーの抱く愛と自由。創業は1980年に遡り、セス・ティボットは当時自らのテンペイを作って売り出し、それが1995年の最初のトーフターキーへと結実します。その後、事業を引き継いだジェイミー・アソスは、彼の義理の息子で、さらに商品の多様化に貢献しました。アリサンはトーファーキーの会社が取り組んでいることが大好き。何故って、彼らは動物愛護活動や環境保護団体を支援しているから、尚かつ美味しいものを作り続けているんですから。アリサンスタッフは、トーファーキーで色んな料理を作ってみました。いくつかご紹介します。

This family owned company shares similar roots to our other suppliers like Once Again or New England Bakeries, beginning life through hippie love. Seth Tibbott took the first steps back in 1980, producing and selling his own tempeh which led to the first tofu turkey in 1995. He has now been succeeded by his stepson Jamie Athos who is helping to expand the range of products. We love Tofurky for putting their money where their mouth is by supporting animal welfare groups and environmental initiatives as well as producing great tasting food. 

shadow

If you’re wondering how to make these dishes or want to fine more ideas there are lots of recipes on the Tofurky website.