A Visit to Carob Kitchen

A Visit to Carob Kitchen

キャロブは長年チョコレートの代わりに仕方なしに食べるもので、自然食のお店に行くと、片隅に申し訳なさそうに並べられていました。キャロブさん、ごめんなさい。私たち、間違ってました。キャロブさんに対する認識が甘かったです。ここに真のキャロブ降臨です!今回新発売のキャロブバーは、美味しいのは勿論ですが、植物繊維、ビタミン、ミネラルたっぷり、特に鉄分とカルシウムが豊富です。見た目グロいキャロブの莢ですが、驚く程甘いんです。だから、今回のキャロブバーには他の甘味料は一切使われていません。それに、カフェインもカカオ特有のアルカロイド、テオブロミンも含まれていません。

For many years carob was viewed as an slightly inferior alternative to chocolate with a small range of uninspiring bars tucked in the corners of natural health food stores. We have now come to realize the error of our ways though and carob has finally come into its own. Our delicious new carob bars are packed full of fiber, vitamins and minerals, and are especially rich in iron and calcium. Better yet this humble brown pod is incredibly sweet which means no additional sweeteners are needed in this carob bar at all. Carob doesn’t contain any caffeine or theobromine, the bitter alkaloid of cacao 

昨年末、ジャックは家族と、オーストラリアにあるこの新商品のサプライヤー、キャロブキッチンを訪れました。大海原を見下ろす最高のロケーションにあるキャロブキッチンでは、社長自らが有機のキャロブを育て、その手塩にかけたキャロブだけを使って今回のキャロブバーを作りました。

This winter Jack and his family visited the supplier of our new bars, Carob Kitchen, in Australia. This beautifully situated company sits by the ocean where the owners tend their organically grown carob trees to produce 100% Australian grown carob bars. Just take a look at their photos:

shadow

写真からもその日がかなり暑かったのが分かりますよね。これまで、地中海原産のキャロブの生産は、ほとんどがスペインでした。でも、オーストラリアのように乾燥していて暑い気候は、キャロブにはピッタリ。マーキャロブとパーキャロブは(社長夫妻はみんなからそう呼ばれてます)、約20年前、のんびりした優雅な老後を夢みて、この農地を購入しました。いつか親戚に勧められ、キャロブの木を数本植えました。それが10年もしないうちに手に負えない程の数に増え、キャロブキッチンが誕生したのです。キャロブの栽培なんか初めてですから、マーキャロブとパーキャロブは手当たり次第のキャロブを植えました。後になって、キャロブにも種類があり、それぞれ甘さも違う事を知りました。写真でもその違いがはっきりお分かり頂けるでしょう。スファックス(Sfax)種というキャロブがあって、これが一番甘いんです。スファックス種は木が収穫出来るまでに8年もかかります。そして、アーモンドなんかより、水やりが少なくて済みます。収穫は、やはりアーモンド同様、木を揺すってキャロブの莢ごと振るい落とします。莢は乾燥のために六ヶ月放置されたあと、莢から種を取り出します。カカオと違うのは、莢が食用になり、種は油の原料になります。

As you can tell by the photos it was an incredibly hot day when they visited. Most carob is currently produced in Spain, being native to the Mediterranean, but Australia makes an ideal new home for this dry heat loving tree. Ma and Pa Carob (as they prefer to be known) originally bought their farmland 20 years ago with a view to a restful retirement there. At their relatives insistence they decided to plant a few carob trees, but within ten years found themselves with more carob than they knew what to do with, and The Carob Kitchen was born.  Being completely new to cultivating carob Ma and Pa Carob planted a variety of species, only later realizing the difference in sweetness of the pods. If you take a look at the photos above there is one of the different kinds of carob pods. They have found Sfax to be the sweetest. It takes eight years for a tree to reach maturity and they require less water than almond trees. As with the almond the pods are also harvested in the same way, by shaking the trees. The pods are left to dry naturally for six months before the seeds are removed from the pods. Unlike cacao it is the pods which are eaten, the seeds being used to produce oil. 

100%有機の認定をうけるには、3年の移行期間を要しますが、キャロブキッチンは、今その途上にあります。同時にキャロブパウダー、シロップ、粗挽きキャロブ、そして今回ご紹介するバンジョーベアー、チョコレートバーを販売しています。さすがのジャックだって、ビックリです。なぜって、なんの気無しで植えた数本のキャロブの木がこんな素敵な大農園になったんですから。おまけに、1800年代には肉牛ビジネスのために木々がが次々と伐採され破壊され尽くした土地が、この農園のおかげで蘇りつつあるのですから。視界の先には、環境を破壊する事無く身体に良いものを産み出してくれるキャロブの木々が広がります。健全な農法、社会貢献、つい笑みの漏れる甘さ。

The Carob Kitchen are currently in a three year process of converting to a fully organic company and sell carob powder, syrup and kibble as well as their cute banjo bears and chocolate bars. Jack was staggered at how planting some carob trees for your brother in law could lead to a family farm in a beautiful location which is working to reverse damage done to the land in the 1800s when so much woodland was converted to paddocks for beef. Now there are trees again producing a useful and healthy food without damaging the environment. Healthy farming, good business and a great taste.