Supplier 生産者紹介

オルガノボタニカ
Organo Botanica

オルガノボタニカ<br>Organo Botanica

生産者:オルガノボタニカ

原産国:パキスタン

商品名有機フンザ産 アプリコット

                                   フンザ産 アプリコット      

Supplier: Organo Botanica

Country of origin: Pakistan

Product name: Organic Hunza apricots

History

創業者のエマドは南の港首都の「カラチ」で育ち、お父さんの工学プロジェクトに訪れるため何度もフンザを訪れました。アメリカで学士を取得し、橋を作る技師としてコンサルタントの会社に入社しました。フンザに戻ってきた後、貧乏でわずかな土地しか持ってない地元の農家さんの環境とその苦労を不安心しました。

農家さんを応援したいという気持ちがきっかけとなり、オルガのボタニカを創業しました。一年後、日本で研修を受けられるJICAの教育プログラムに入門し、アリサンに紹介されました。エマドは、「フンザのドライフルーツの販売先が見つかったということだけではなく、ジャックのような素晴らしい人々に会う機会が得られたことも、とても良い経験でした」と言ってくれています。

フンザに戻ってきた後、JICAを通して農家さんたちを集めて、そこで働いている女性たちにより良い技術を紹介するように働きました。オルガノボタニカのオーガニック認証が認定された上で、日本と扱い始めました。

Founder Emad grew up in the Southern port city of Karachi, making trips to Hunza to visit his dad’s engineering projects. He earned his graduate degree in the U.S. and joined a consulting firm as a bridge engineer. After returning to Hunza, he became troubled by the situation of local farmers, who were poor and had very small landholdings.

It was this desire to uplift the local farmers that led Emad to found Organo Botanica. One year later, he joined a JICA educational program that sent him and other farmers and processors to Japan. There, Emad was introduced to Alishan. “It was a wonderful experience, not only being able to sell Hunza dried fruits, but to have a chance to meet wonderful people like Jack,” Emad said.

Upon returning to Hunza, Emad assembled the farmers under JICA and worked with women in agriculture to introduce better technology. After acquiring organic certification, he then started to deal directly with Japan.

 


About Organo Botanica

昔と変わらない手法に効率化も加わったフンザの新たな挑戦

プリザーブドアプリコットは、フンザの地元の人に伝統的に大切にされています。 オルガノボタニカは400人の農家さんからアプリコットを買い取り、7人の農家さんからデーツを買い取りしています。 アプリコットは早く腐るのせいで、収穫のボリュームの一部だけが加工されることができます。しかし、 効率的な乾燥機械を導入することのおかげで、売り上げボリュームを増やすことができました。

女性と子供を支援

果物の加工は、多くの仕事で男性との競争にさらされている農村部の女性に、必要な雇用機会を提供しています。 オルガノボタニカの従業員の90%以上は女性で、北部ギルト・バルティスタン地域での加工や、カラチでのデーツの最終包装に大きく関わっています。

Hunza’s new challenge: Same old methods, new efficiency

Preserved apricots have traditionally been an important food for the people of Hunza. Organo Botanica purchases apricots from about 400 farmers, and dates from seven farmers. Ripened apricots and dates are hand-picked and sun-dried at low temperature. As apricots easily spoil, only part of the harvest volume can be processed. However, the company has been able to increase sales volume by introducing efficient drying equipment.

Supporting women and children

Fruit processing provides a much needed employment opportunity for women in rural areas, who struggle to compete with men in many jobs. Over 90% of Organo Botanica’s workers are women, who are heavily involved in processing in the Northern Gigilt-Baltistan region and the final packaging of dates in Karachi.

 


Why we love them

ジャックの忘れられない味、フンザのアプリコット

ジャック社長は80年代にこの地域を訪れてアプリコットを味わって以来、その甘すぎず爽やかな酸味と豊かな風味を忘れられませんでした。「地理的に孤立した村々の農家にとって世界中で共通する問題は、作物を買い取ってくれる都市部の消費者との繋がりがないことだ。」とジャック。今こうして生産者と直接繋がれることはアリサンとして喜ばしいことです。

The unforgettable taste of Hunza apricots

Co-founder Jack could not forget the refreshing acidity and rich flavor of apricots he tasted in this area in the 80’s. “The common problem all over the world for farmers in geographically isolated villages is no connection to consumers in urban areas to buy crops,” Jack says. He is glad that Alishan is now directly connected with producers like this.

by