Supplier 生産者紹介

テイラーブラザーズファーム
Taylor Brothers Farms

テイラーブラザーズファーム<br>Taylor Brothers Farms

テイラーブラーザーズファーム (Taylor Brothers Farms)

プルーン (Prunes)

プルーン・種無し
Click to view on Tengu Store

Why we love them

ジャックがリチャード・テイラーと初めて会ったのは、1990年の初頭、埼玉県で開催されたFoodEx(食品展示会)でした。当時、アメリカの農家がトレードショーのために日本に来るのは一般的ではありませんでしたが、カリフォルニアのドライフルーツにとって日本は大きな市場であり、リチャードさんは顧客との直接的なつながりを築きたいと考えていました。

ジャックとジャックの子供たち(ジェイとケイ)は、プラムが収穫できる夏の時期を含め、何度もリチャードを訪れたことがあります。ジャックは「リチャードさんは木からプラムを摘んで、かじってみて、美味しくなければ捨ててしまうんだ」と思い出して教えてくれました。

日本に住む私たちにとって面白いのは、日本(特に長野など)では干す前も干した後もプルーンと呼びますが、アメリカでは干す前はプラム、干した後がプルーンという名称で呼ばれていることです。世界中には300種類以上のプラムがあると言われていますが、その中でプルーンになるものはほんの数種類だそうです。リチャードの弟のジョンは「全てのプルーンはプラムだが、すべてのプラムはプルーンになるわけではありません」と自身のブログにも書いています。

Jack first met Richard Taylor in the early 1990s at Saitama’s Foodex. At the time, it was not typical for an American farmer to travel to Japan for a trade show. However, Japan is a big market for dried fruits from California, and Richard wanted to establish more direct connections with his consumers.

Jack and his kids have visited Richard a number of times, including in the summer, when the plums are ready to be picked. Jack recalled, “Richard would pick a plum off the tree, bite it, and if it wasn’t perfect, he would throw it away.”

As Richard’s brother John says: “All prunes are plums but not all plums can be prunes.”

 

Taylor Brothers’ prune orchard

History

リチャードとジョンのテイラー兄弟は、1990年から一緒にオーガニック・プルーンを栽培していますが、彼らの家族の歴史は、1916年にお祖父さんがカリフォルニア州サーター郡で様々な果実の栽培を始めたことに遡ります。事業を引き継いだ後テイラー兄弟は、カリフォルニア産プルーンの栽培に力を入れることにしました。プルーンに関する知識があり、栽培に適した条件を備えていたことから、自然な選択だったと言えます。

たった1世紀の間で、テイラー家のビジネスはフルーツスタンドから世界最大のオーガニック・プルーンの生産・販売会社へと発展しました。

The two Taylor brothers, Richard and John, have been growing organic prunes together since 1990—but their family’s history with the fruit dates back to 1916, when their grandfather began farming a variety of fruits in Sutter County, California. After taking over the business, the Taylor brothers decided to focus their attention on growing California prunes. It was a natural choice given their knowledge of prunes and the highly suitable growing conditions.

Within a century, the Taylor family business has evolved from a fruit stand to the world’s largest organic producer and distributor of prunes.

 

Product

19世紀にフランスのプラム品種から生まれたカリフォルニア産プルーンは、プルーン生産のために特別に改良されました。現在では、カリフォルニア州で最も多く栽培されている品種です。

プルーン・プラムの木は、春に花が咲き、プラムの糖度が最も高くなる夏に収穫されます。収穫されたプラムは洗浄された後、トレーに乗せて85℃のトンネル内で18時間乾燥されます。3キロのプラムから出来るプルーンはたった1キロです。

プルーンは主に消化不良を改善することで知られていますが、他にも多くの素晴らしい効果があるとされています。抗酸化物質が非常に多く(全食品の中で第1位!)、老化を遅らせ、炎症を抑える効果があります。プルーンはグルセミック指数が低く、食物繊維も豊かなので、血糖値を正常に保つのにも役立ちます。また、ビタミンKをはじめ、骨の健康に影響を与える栄養素が豊かに含まれており、骨密度低下の予防と回復に役立つことが研究で明らかになっているそうです。(出典:カリフォルニア・プルーン協会

プルーンを使うと、甘いものでもおかずでも、料理の風味を高めることができます。また、焼き菓子にプルーンを加えると、水分を維持して美味しく食べられる期間を延ばすとも言われています。

テイラー兄弟は、食後などいつでも食べられるようにキッチンカウンターにプルーンの瓶を常備しています。ジョンの奥さん、サのプルーンケーキは格別だそうですよ。

Created in the 19th century from a French plum variety, the California prune was specifically bred for prune production. Now it is the most commonly grown prune variety in the state, and the Taylor Brothers’ prune of choice.

Prune plum trees flower in the spring and are harvested in the summer, when plums have the highest sugar content. The plums are washed, then dried on trays for 18 hours in tunnels at 85ºC. Three kilograms of plums will yield one kilogram of prunes.

Although prunes are mainly known for treating indigestion, they have many other incredible health benefits. Being extremely antioxidant-rich (#1 of all foods!), they can slow aging and decrease inflammation. Prunes have a low glycemic index and are rich in fiber, which help maintain healthy blood sugar levels. Also, prunes are rich in Vitamin K and other nutrients affecting bone health, and have been shown in studies to help prevent and restore bone loss.

You can use prunes to enhance the flavor of your food, whether sweet or savory. Also, adding prunes to baked goods can help maintain moisture and extend the shelf life.

The Taylor brothers always have a jar of prunes on the kitchen counter to munch on after meals. John’s wife, Melissa, makes a killer prune cake.

 

Fun facts

Taylor Brothers’ California prunes
  • カルフォルニア州は世界中のプルーンの40%を生産し、サッター郡はカリフォルニア州の中でも最大のプルーン生産地です。
    • California produces 40% of prunes in the world, and Sutter County is the top prune-growing region in California.
  • プルーン・プラムの木を植えてから、4~6年で実をつけます。果樹園では30年にかけてプルーンを生産することできます。
    • After planting a prune plum tree, it takes 4-6 years to bear fruit. An orchard will give three decades of prune production.
  • ジョンによると、オーガニックに切り替える際に一番苦労したのは雑草対策だったそうです。雑草には野ネズミが潜んでいて、プルーンの木の幹をかじって、木を枯らしてしまいます。
    • According to John, weed control was the biggest challenge in switching to organic. Weeds can harbor mice that gnaw at the prune tree trunks, killing the trees.
  • オーガニック・プルーン果樹園は、慣行栽培の果樹園よりも害虫が多いです。カバークロップであるクローバーを植えると、モリネズミが寄ってきます。またアブラムシはプラムの葉を食べ、その分泌物が蟻を呼び寄せ、葉にカビを発生させます。
    • Organic prune orchards have more pests than conventional orchards. Planting clover, a cover crop, attracts gophers. Aphids feed on plum tree leaves, and their secretions attract ants that produce mold on the leaves.

 

Recipes:

Links:

  1. Taylor Brothers Farms: https://www.taylorbrothersfarms.com/
  2. California Prunes: https://californiaprunes.org/

by