Supplier 生産者紹介

レモエイド

レモエイド

Lemoanid

ドイツ

スパークリングライムエイド、スパークリングパッションフルーツエイド、スパークリングブラッドオレンジエイド

History

3人の青年がアパートで製造スタート。本当のAID(援助)を実現する微炭酸ドリンク「レモエイド LEMONAID」

ドイツのLEMONAID社の社名に含まれる”AID”

の由来は「援助」。レモエイドを買うと、1本あたり約7円をレモエイド社の外郭団体を通じて開発途上国に寄付されるからです。

レモエイド社を始めたジェイコブ・バーナードは、以前ドイツの政府系支援団体に務めており、そこで寄付金が適正に使われていない幾多の状況を知り怒りを覚えました。「それなら自分が!」と同じアパートに住む仲間2人ととレモエイド社を始めました。アパートの一室で自分たちでドリンクを作り瓶詰めし、直接カフェに売り込み始めたのです。2008年のことでした。彼らには、よい商品、よいデザインであれば必ず売れるという確信がありました。その通り、レモエイドがドイツはもちろん欧州全土に広がるまでさほど時間はかかりませんでした。日本ではまだ認知度が低いですが、5000店舗のカフェやイベントなどで提供されている他、大手スーパーチェーンでも取り扱われているとのこと。理念やデザイン面で競う政府系のコンペティションで勝ったことも広く認知される一因となりました。

Strong point

「レモネード」ではなく、オーガニックフルーツで作った微炭酸飲料、レモエイド

この商品は、レモンを炭酸で割ったいわゆる〝レモネード〟ではありません。オーガニックフルーツで作った微炭酸飲料です。甘味は極力抑え、そのまま飲んでも、お酒で割ったりしてもおいしい。注目して欲しいのは、商品名で〝レモネード〟ではなく、〝レモ〟〝エイド〟なんです。おいしさ、素材の良さ、社会貢献、容器のアップサイクルまで考えられた、四拍子そろった商品です。

ソープポンプとボトルキャップもご用意しました!瓶をおしゃれに再利用

アリサンでは2016年にレモエイドの取り扱いを始めました。「もっと資源を利用してほしい」という思いを込め、この瓶を再利用するためのソースポンプ、ボトルキャップもご用意しました。これがあれば、ソープ、ソースやドレッシングなどを瓶に詰めて、おしゃれに再利用していただけます。阿里山Cafeでもすでにたくさん利用しています。

 

by Kay