Supplier 生産者紹介

ダーボン

ダーボン

Dabbon

コロンビア

コーヒー、ショートニング

History

はじまりは小さなバナナ農園

ダーボン・グループは、コロンビア北部サンタマルタを拠点にする家族経営企業です。1914年、小さなバナナ農園から始まり、その後パーム栽培も開始。1990年、先見の明のある3代目が有機農業の将来性を信じ、すべての生産をオーガニックに切り換えていきました。パーム、バナナ、コーヒーの全ての農園で有機認証を取得し、世界的な先駆けとなりました。次いでパーム油精製工場、ココア加工工場も設立。ついに自ら輸出を手がけるようになり、海外の主要都市でも会社を立ち上げ、2001年には東京でダーボン・オーガニック・ジャパンが設立されました。

Strong Point

畑の土壌から市場まで

自社の農園、そして近隣の小さな農家とともに栽培した作物の加工、販売までを一貫した管理体制のもと行なっているダーボン。規模を拡大しながらも同時にサンタマルタの小さな農業組合を支援したり、地域社会や従業員の生活水準向上に取り組んでいます。また、地域の自然環境にも配慮。広大な面積を持つパーム栽培では焼畑や森林伐採は行わず生産の全ての工程で環境負荷をかけないよう管理しています。これら企業姿勢は有機認証以外にもフェアトレード、レインフォレストアライアンス認証で証明されています。

by Kay